銀行口座・各種カードを作る

 カナダで銀行の口座と図書館のカードを作りました。簡単です。その他にも、何か作ったときなどは随時アップしていきます。以下、作り方と必要書類、それからコメント。
 

銀行口座の開設

 本来とても簡単だったハズの銀行口座の開設。なのに引っ越しの時期と重なってしまい、書類の不備で何度も銀行に足を運ぶハメになってしまった・・・。トホホ。

<開設した銀行>
今回開設したのはライオンのマークの「Royal Bank of Cadada」。この銀行はカナダでは最大の銀行で、どこの街に行っても大抵あるようだったので開設した。ここオンタリオ(トロント付近のみかな?)周辺では、Canada Trustもかなり使えそうだったが、もしどこかに引っ越しても使えるようにと、あえて国内最大手を選んでみた。

<必要書類>
場所や銀行によっても異なるかもしれないので、一度確認してくださいね!
・住所が記してある書類(学校などから発行されているものがベストのよう)
・パスポートなど、政府機関が発行している証明書

<作り方>
場所や銀行にもよると思うが、ロイヤルバンク・ハミルトンでは16:30までの受付で、受付のお姉さんに用紙をもらい、必要事項を記入する。それからちょっとした面接があり、書類に不備がなければ、その場でテンプラリーカードを発行してもらえる。その日からDEBITも使えるので便利!一週間以内に本当のカードが送られてくる。

<コメント>
他のサイトで「カードを作るのに二週間はかかる」と書いてあったのを見て、なまぐさな私はなかなか腰を上げなかったが、作ってみたらあら便利!(そりゃ日本でだってそうだよね。。)カードの使えないスーパーなどでもDEBITなら使えるし、両替のレートも両替商よりずっといい。両替商だと83@1ドルが、銀行だと79@1ドル。信用にもつながるようです。為替の変動には要注意。



図書カードの作り方

わざわざここに載せる必要もないかな、とも思ったのですが、他にないので・・・(笑)。一応載せておきます。

<必要書類>
場所や銀行によっても異なるかもしれないので、一度確認してくださいね!
・住所が記してある書類(ハガキでもなんでもいいみたい)
・パスポートなど、政府機関が発行している証明書
*要するに銀行と一緒。

<作り方>
至って簡単で、カウンターに必要書類を持っていくとカードを発行してくれる。それぞれにバーコードナンバーがあり、それをあちこちにある検索マシンに入力すると、今借りている本やCDなどが確認でき、返却日などもチェックできる。一人本10冊、CD10枚、3週間。なお、カード発行時にPINナンバーも与えられるので、それを入力して初めて自分のプライベートな情報にたどり着く仕組みになっている。

<コメント>
他の図書館はどうだか知らないけど、ここの図書館では様々なメリットがある。もちろん本やCD、ビデオ(かなり豊富!)、楽譜に英語学習の教材、カセットテープ、雑誌なども借りられ、館内にあるインターネットや音楽室の利用も可。6F建ての各階に勉強机、大きなテーブル、一部屋づつ区切られている自習室などもあり、すばらしい!!ぜひこの恩恵を享受しよう。

モドル

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと