ナイアガラの滝

 カナダを代表する観光スポットの一つ、ナイアガラの滝。ナイアガラは「ニアガル(雷鳴の轟く水)」という意味の、先住民の言葉から来ているという。エリー湖とオンタリオ湖を結ぶ、この壮大な滝の周辺には、たくさんのアトラクションが用意されていて、観光客を飽きさせない。
 

交通案内

日本から来る場合のアクセス空港はトロントのピアソン空港と、NY州バッファローのバッファロー空港だ。

トロントから
トロントのバスディーポからナイアガラのバスディーポまでは、約2時間で$25。一日往復30便近く運行している。ちなみにトロントのピアソン空港からバスディーポまでは約30分。市バスは一時間に一本程度で、アクセスはよくない。お金のある方はエアバスでどうぞ。片道$50くらいだが、ホテルまで連れて行ってくれる。荷物のことを考えるとラクチン。

バッファローから(米国・NY州)
夏に訪れたときは、サンノゼ空港からシカゴ経由でバッファロー空港へ向かい、そこからナイアガラの滝へと向かった。バッファロー空港からバスディーポまで行こうとしたら、休日はない、と言われ、やはりバス停で困り果てていたタイ人の男の子二人に声をかけ、タクシー相乗りで滝まで向かった。45米ドル、20分。人数がいれば、絶対こちらをすすめる。帰りはナイアガラのバスディーポからバッファロー市内のバスディーポに向かったが、バスで国境を越えるため、一時間以上かかった。料金は6.5カナダドル。ちなみにバッファロー市内のバスディーポから空港までも便数がとても少ない。市内バスディーポから空港までは20分ほど。料金は1.25米ドル。トロントからと同じく、ホテルまでのDoor-to-Door サービスもあるので、時間のない人はこちらを断然オススメする。

ハミルトンから
ハミルトンからバスで1時間ちょっと。毎日往復12便がバスディーポから出ており、週末はこれに数本加わる。急行バスだと、一時間かからずに到着する。

*料金は2002年7月末のモノ。カナダ国内はカナダドル、アメリカ国内は米ドルです。


バックパッカーの宿

 バックパッカーの宿といえばユースホステル。ユースホステルはバスディーポのすぐ近くにある。一泊$20。しかしこのユース、夏は最悪。あまりの暑さに三日三晩眠れなかった。部屋の人全員(インド人、イギリス人、オランダ人)が寝付けなかったのだから、相当だ。しかしキッチンは充実している。おかげで自炊の毎日だった。また、夏休み中ということもあってか、日本人の利用者が非常に多かった。これはトロント、キングストンのユースでも同様で、日本人のオンナノコが多かったのにびっくり。他の国ではあまり見かけない種類のオンナノコなので、やはりカナダは安心して旅行が出来るということか??

 で、ナイアガラの滝でオススメの宿は下の「Backpacker's Inn」。古い洋館(そりゃそうか)だが、ダイニングやロビーにアンティークな家具が配置され、憧れのB&B(ベッド&ブレックファスト。日本のペンションみたいなもの)みたい。ドミトリーはユースと同じ$20、しかも朝はおじさんの焼きたてマフィンにフルーツ、コーヒー・紅茶が用意されているので、断然オトク。部屋もきれいで、シャワーつきのドミトリーもある。おじさんに「男性と一緒でもいい?」と聞かれたので、「うーん、女性だけの部屋はない?」と聞いたところ、一人部屋を用意してもらえた(単に誰もいなかっただけだけか)。キッチンもあるので、自炊もできる。

 もちろんこの周辺には、たくさんのホテルやB&Bがある。ナイアガラの滝周辺にはシェラトンなどの高級ホテルが、ナイアガラの滝からワールプール橋の方面に向かって移動すれば、たくさんのB&Bを見つけられる。車があれば、安いモーテルもある。かわいいB&Bがたくさんあるので、グループならぜひ利用してみたい。


Backpacker's International Hotel & Inn

Local: 1-905-357-4266
Toll Free: 1-800-891-7022
Fax: 1-905-357-1646
E-mail: niagarafallshostel@hotmail.com
Website: www.backpackers.ca

4219 Huron Street (At Zimmerman Avenue)
Niagara Falls, ON
Canada L2E2G6

*Zimmerman AvenueとHuron St.が交差したところです。ユースホステルから徒歩2分。

煉瓦造りの洋館。ユースからさらに奥に入ったところにある。 ロビー。こんなすてきなパブリックスペースがいくつかある。 こっそり他の部屋も写させてもらった。ここはダブルベットの部屋。アンティークな洗面台がかわいい。


ユースの楽しみは、やっぱり出会いかしら??
ナイアガラには都合5日(長すぎ??)滞在していたが、
その間にいろいろな人と出会えた。なかでも左のオトコノコとは二日ほど行動を共にさせてもらいました。

 彼・ワッキーは初海外旅行で「アメリカ横断・自転車の旅」を思いついちゃった26歳のオトコノコ。私もそのときアメリカに滞在していたので「あんな砂漠をよくぞ自転車だけできたもんだ!」と感動。ロスからニューヨークを目指していて、ニューヨークまであとちょっと、というところでナイアガラに寄ったとのこと。いきなりロスでハイウェイに乗り(しかも逆走(^^;)、そのまま警察行き・・・、みたいな骨のあるヤツです。

 
次のページへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと