近郊への旅・ニューヨーク
 
ニューヨーク

日本からだったらニューヨークは遠いし、たぶんその為にわざわざ行くことははいだろうと思っていたので、バスでハミルトンから行くことにした。ちょうど4日間の休暇があったし、バスが安かったから、という理由もある。

車内二泊、現地2泊の旅となったが、初日は観光、二日目は自然科学博物館とミュージカル、三日目は国連と、とても楽しむことが出来た。

*写真・・・エンパイアービル屋上から。

日記は次のページから

 

交通案内

ハミルトンからニューヨークまではバスが毎日運行されている。バスはハミルトンのGo Stationから出ていて、チケットは大人往復217.54カナダドル。が、二人で行くと一人無料になるサービスがあるので、実質一人$109くらいで行けてしまう。\9,300とかなりオトクなので、ぜひ二人単位で行こう!チケットは3日前までに購入しないと割引が効かないなど制限があったので、事前に要チェック。所要時間は約10時間で、夜行バスで行くことになる。

また、学割もあり、国際学生証などを持っていると割引してくれる。ただし、二人で一人分の料金になるサービスには適用されない。

*ただし、7/3、7/6、11/26、11/30、12/18〜12/21はこのディスカウントチケットは使えない。チケット売り場に行って、事前に確認しよう。



バス時刻表(毎日)(2003/04/22現在)

ハミルトン->ニューヨーク
出発地 発車時刻 到着地 到着時刻
ハミルトン(ON) 20:10 ナイアガラ・フォールズ(ON) 21:30
ナイアガラ・フォールズ(ON) 21:30 バッファロー(NY) 22:30
バッファロー(NY) 22:45 ニューヨーク(NY) 06:15(翌日)

ニューヨーク->ハミルトン
出発地 発車時刻 到着地 到着時刻
ニューヨーク(NY) 23:30 ナイアガラ・フォールズ(ON) 09:30(翌日)
ナイアガラ・フォールズ(ON) 10:30 ハミルトン(ON) 12:00

*注・・・(ON)カナダ・オンタリオ州、(NY)米国・ニューヨーク州
*もちろん、時刻が変わっているかもしれないので、事前に自分できちんとチェックしましょう。
*ニューヨークのバスディーポはタイムズ・スクェアの側にある、「Port AuAuthority Bus Terminal」。230もの路線がここに集中しているので、早めに行って出発口と時間を確認しよう。ちなみに私がニューヨークからバスに乗ったのは62番ゲートから。たくさん人が待っていたので、30分くらい前には並んでおいた方が無難。



米国入国審査

米国が現在厳戒態勢のため、今まで不要だった手続きをしなくてはいけなくなった。日本国籍の場合、国境で緑色の入国カードを$6で購入せねばならない。03/03/13に米国を経由したときは何の手続きもなかったので、新たに加えられたのだろう。なお、このカードは90日間有効で、本来は米国にカナダの入管を通して返納されねばならないものだが、また米国に行くかもとカナダの入管に言ったら、緑のカードは取り上げられなかった。つまり、次回アメリカ入国の時に(90日の有効期間内であれば)また使えるということだろう。ちなみに、アメリカには行く予定はないと答えた友人は、そのカードを取り上げられていたので、米国に入国する予定のある人は、うっかり取り上げられないように、入管の質問に答えよう。



ニューヨークのユースホステル

セントラルパークのすぐ側に位置するこのホステルは、非常に立地条件が良く、町へのアクセスも近くて便利。最寄りの駅はレッドライン・1か9の103St。セキュリティはかなりばっちり、カードキーを差さないとロビー以外は行けないようになっている。部屋は10人部屋、シャワーが少ないのが気になった。外国のみなさんは朝にシャワーを浴びるようなので、夜の内に浴びておいた方が無難。部屋はまぁまぁ。ロッカー、カフェ、もちろんキッチンは完備。
ユースはセントラルパークのすぐ側。地下鉄の駅までも徒歩2分というロケーション。 まわりにはグローサリーストア、パン屋さん、デリ、レストランなどがある。 なかなか立派な外見のユース。部屋数も多く、キッチン、洗濯機などもちろん完備。
Hostelling International New York
住所:891 !msterdam Avenue, New York, NY 10025
料金:一泊29米ドル(会員)、非会員はプラス3ドル
チェックイン:08:00〜
チェックアウト:11:00まで

次のページへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと