ウェストフィールド(West Field)

ハミルトン郊外にある、赤毛のアンの時代を再現した歴史村がこのウェストフィールド。こうした歴史村はカナダにはたくさんあるのだが、特に楽しめるのは季節ごとのイベント。秋はハロウィン、冬はクリスマスと、おのおの趣向を凝らして昔の習慣を再現し、それを丁寧に説明してくれる。今回は春、メイプルシロップのシーズンに行って来た。

カナダといえばメイプル!国旗にもなっているメイプルはカナダの象徴だ。秋は美しく紅葉し(本当に赤くなる!)、春にはおいしいメイプルシロップを提供してくれる。こうした歴史村では、メイプルシロップの作り方を教えてくれるほか、大抵はパンケーキとメイプルシロップがレストランで楽しめたりする。

 
村の中には当時の雑貨屋さんなど、様々なお店が再現されている。
ここは小学校。イギリス領だったので、イギリスの国旗がはためく。
教室。机の上にあるのは、赤毛のアンにも出てきた黒板ノート。
洋服屋さんの二階に特別に上がらせてもらった。映画「赤毛のアン」で使われた衣装だという。
当時のワンルーム。手前にはちっちゃくてかわいいオーブンがある。
当時の家ではランクの高い方?いろいろな民家が再現されており、当時の暮らしぶりがよく分かる。
駅長さん。SLもおかれており、何人もの駅長さんが勤務していた。モールス信号を教えてくれました。
オンタリオ州最古の木造建築教会。とっても素朴だ。ここで本当に結婚式をあげたりもできる。
神父さん。この村の人々はこんな風に、当時の服装をしている。
かわいい子供たちに出会った!二人はもう数年もここでボランティアをしているという。
メイプルに穴を開け、そこからこのブリキ缶にメイプルシロップが滴るという仕組み。 生の(?)メイプルシロップはこのように透明で、味もほとんどない!これを煮詰めるといわゆるメイプルシロップになる。

*メイプルシロップの精製方法にもいくつかあり、この村にはネイティブ・アメリカン式、開拓者式、現代式の3種類が展示されていた。カナダならではのメイプルシロップづくりを、ぜひ楽しみたい。

なお、イベントは季節によってことなるので、各施設に問い合わせてから訪問するのが無難。このメイプルシロップ祭りは、今年は3月の土・日にしかやっていなかった。
モドル

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと