ホテルカラコルビレッジ(Hotel Caracol Village)

宿泊していたのは、このホテルカラコルビレッジ。日本人の宿泊は初めてというこのホテルには、カナダやドイツ、フランスのお客さんが主だそう。カナダ滞在時に新聞の広告で見つけた、このカンクンツアーは7泊8日で6.4万円!全食事つきでこの値段なのだから、全く驚いてしまう。この値段だし、とホテルは全く期待していなかったが、高級リゾートエリアである、リビエラ・マヤの中にある、五つ星の超ステキなホテルだった。出発の1、2週間前になると飛行機代はほとんど含まれていないような値段にプライスダウン(半額以上)されることがあるので、カナダ・アメリカに在住の人は要チェック!

 

 さて、このツアーでもそうだったように、食事・アルコール・アクティビティがぜ〜んぶ込みの、"All inclusive"スタイルのツアーが、カンクンやキューバといった、南米のリゾート地ではメジャーだ。ホテルの広大な敷地内には、ビュッフェスタイルのレストラン、メキシコ料理レストラン、フランス料理レストラン、軽食もおいてあるバー、明け方までやっているバー、静かにお茶が楽しめるカフェなど、それぞれ趣向を凝らしたお店が点在。いつでもアルコール・食事が楽しめる。また、カヤックやウィンドサーフィン、シュノーケルなども全て貸し出してくれる。他に、アクティビティスタッフが朝から晩までスペイン語講座やサルサ教室、ビーチバレーといった催し物を用意してくれるので、ホテルにいるだけで飽きない仕組みになっている。日本からはるばる何十万円もかけてこういった過ごし方はしないかもしれないが、アメリカやカナダと、近場に住んでいる人にはオススメのバケーションスタイルだ。


フロントはやさしい茅葺き屋根。。青い空に映えて、ほっとする。
美しく手入れされたホテル内。ゆったりとした時間が流れる。
アクティビティ・タイムになると、いろんな国の人が集まる。4ヶ国語が飛び交う!
夕方になるとプラヤデルカルメンの町まで散歩に行くのか、プールデッキも静か。町まではシャトルバスで約10分。 ホテル内を闊歩するイグアナたち。っていうか、でかいんですけど!
部屋はモダンでかわいい!床には煉瓦が敷き詰められ、内装に工夫が凝らされている。
ホテルの目の前にはプライベートビーチが広がる。
他のホテルからは完全に隔絶されているのが、ここリビエラ・マヤのホテルの特徴。 美しいカリブ海を眺めながらマッサージ・・・、天国だな。


前のページへ / カンクンindexへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと