レンタカーで遺跡巡り

ユカタン半島といえば、遺跡の宝庫!世界遺産に登録されているチェチェンイッツアをはじめ、鬱蒼としたジャングルのあちこちにマヤの遺跡が点在する。遺跡好きの私にはたまらないスポットだ。今回は女6人旅、大きなバンを借りてトゥルム遺跡・コバ遺跡・チェチェンイッツア遺跡を巡ることにした。

 

レンタカーを借りたのは、プラヤデルカルメンにあるハーツで。48時間で約120ドル(ガソリン代込)だったので、6人で割ると一人20ドル。前日はカンクンの町へ遊びに行き、その帰りにトゥルム遺跡、翌日はコバ遺跡とチェチェンイッツア遺跡を巡る予定だったのに、トゥルム行ってみるとすでに閉館時間を過ぎており、入ることが出来なかったので、結局翌日の丸一日で3つの遺跡を回るハメになった。カンクン・トゥルム遺跡間は131km、約1時間半の道のり。地図で見ると近そうに見えるが、意外に距離があるので気を付けましょう。

トゥルム遺跡
海に面したこの遺跡は、小規模でありながらその廃墟具合とカリビアンブルーの海とのコントラストが絶妙。遺跡からは海岸に降りることもでき、海水浴も楽しめる。カンクンやプラヤデルカルメンから近いので、多数の観光客が訪れる。

コバ遺跡
トゥルムやチェチェンイッツアに比べると、かなりマイナーなのがこの遺跡。しかしチェチェンイッツア遺跡に負けない高さを誇るピラミッド、今も残るマヤンロードなどを見ることが出来、チェチェンイッツア遺跡のように手を入れられていない自然なままの姿も魅力的。かなり広い。

チェチェンイッツア遺跡
ユカタン半島を代表する世界遺産。そのピラミッドから見るユカタン半島のジャングルには息をのむ。すばらしいのはカラコル天文台。ここでマヤカレンダーが生み出されたのだ。


ドライブデータ

レンタカーを借りて遺跡に行ってみたいという人のために、距離と時間と道のデータを書いておきます。

国道307号線
カンクン・ダウンタウン プラヤデルカルメン シカレ シェルハ トゥルム遺跡 コバ遺跡
68km(42分) 72km(45分) 122km(76分) 131km(81分) 173km(2時間)
*それぞれカンクンのダウンタウンからの所有時間と距離(カンクンからトゥルムまでは131km)。この国道307号線はユカタン半島の東部を海岸に沿って、南北に走っており、最終的にはグアテマラまでつながっている。

有料高速道路
カンクン・ダウンタウン ヴァラドリッド チェチェンイッツア遺跡 メリダ ウシュマル遺跡
160km(99分) 205km(128分) 320km(198分) 400km(250分)
*それぞれカンクンのダウンタウンからの所要時間と距離。この高速に沿って国道180号線が走っているので、高速を使わなくてもチェチェンイッツア遺跡まで行くことができる。チェチェンイッツアの先で高速道路は終わり、メリダまではこの180号線を使うことになる。メリダの先には、チェチェンイッツア遺跡と並んで有名なウシュマル遺跡などが点在する。地元の人はほとんど高速道路を使わないのか、とっても空いていて気持ちのいいドライブが出来る。180号線はカンクンとメリダを結び、ユカタン半島南部を東西に走っている。


カンクンindexへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと